2006年09月28日

靖国問題その5

というわけで、勘違いしないで下さい。

で、そういう話があるという事を
一番影響しやすいのは誰ですか?

そう、遺族です。
遺族からしてみれば、自分の親族が
A級戦犯であると信じたいと思うわけがありません。
それにたとえA級戦犯だったとしても
靖国にまつられた栄誉を取り消されてしまうのは
黙ってみているわけには行きません。

だからA級戦犯を他に移すのは問題があるのです。
国内の遺族に示しが付かないのです。
そりゃーもう大変な反発でしょう。

じゃあ参拝しなけりゃ良いじゃん。

それもそうです。
私もそう思いました。
でも、そうも行かない理由が。。。

そもそも小泉氏がなぜ靖国参拝を公約としたのでしょう?
ここにポイントがあるのです。
小泉氏の支持者に右の考えを持つ人が多いから。
いわゆる右翼に近い人々です。
右翼、つまり保守派、国粋主義の考えです。
そうなれば自分がのし上がり、勝ち残る為には
靖国参拝の公約はうってつけのものだったのですね。

さぁ、そうなると総理なら国益を考えて
参拝するべきではないと言い切れなくなるのです。

なぜなら、公約を破れば強力な支持者を
失ってしまう可能性があるから。
強い支持者を失えば、政権にも影響があるでしょう。
そうなれば公約を破って支持を得る部分があっても
政権が長続きせず、矛盾が生じる可能性があります。
となると意味がなくなる。
と言うわけで、彼は公約を守ることを選んだのでしょう。
しかし、結局守ると言っても中途半端で
どっちつかずでした。
それはどちらにも一応の顔を立てつつ
問題の正面衝突を先延ばしにしたのです。
そして起死回生と言うよりも、最後の最後で
格好を保つためにこの間の当日参拝となったのでしょう。

こうなるともうどうすれば良いのやら。。。

個人的には参拝は反対の結論を出しました。
それは、私が現代の人で戦争を知らないから。
そして現在の日本の中心は戦争を知らない世代に
移り変わりつつあるからです。
ですが小泉氏が参拝した事は反対の立場の私ですが
仕方ない事とも考えられます。
それは戦争を知らない世代に移り変わりつつあるとは言え
戦争を知る世代がまだ多くいるからです。
なので、今後参拝をやめて行き
最終的にはA級戦犯を他へ移すか
靖国神社を宗教的な存在へ変更出来るようにするのが
一番の方法と考えるわけです。
いかがでしたでしょうか。
posted by MIZU at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

靖国問題その4

また1日空けて続きです。
ようやく靖国問題の原点が分かりました。
しかし、それなら解決はすぐですよね。
でもそうではない。

なぜか。

それはそう出来ないから。。。

まずA級戦犯を他へ移せば?という点。
それは以前書いた通り、戦時中から
日本の中で靖国にまつられることが
栄誉であったからなのです。
そう、遺族からしてみればそれは
戦死した人を侮辱するに等しい行為なのです。
いえ、遺族からしてみると侮辱そのものでしょう。
でもA級戦犯なんだから仕方ないじゃん。
そういう考えが生まれます。
そうですよね。
当然です。
でもそうじゃないんです。
なぜか。
それはA級戦犯だけど、仕方ない部分もあるから。
まつられているA級戦犯達は確かにA級戦犯と
裁判で位置づけられ、A級戦犯となりました。
それは事実なのです。
しかし戦争の中、周りの風潮や上官に逆らえず
仕方なく荷担した人もいるのです。
また、ドイツのヒトラーのように日本に独裁者がいれば
問題ないのですが、日本の場合はそうではないのです。
一口に戦争といっても、その中には色々な地域での
争いがありました。
日本の場合、その争いごとに首謀者が違うのです。
そうなると本当の犯人を見つけるのは
戦争という混沌を考えるとあまりに不可能です。
しかし戦後、外交上は犯人を見つけなければ
示しがつきません。
と言うわけで、一括りにされた部分もあると言われています。
勘違いしないで欲しいのは
そういう話があるというだけで
私はそれが事実だとは言っていません。
長いので次回に。
posted by MIZU at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

靖国問題その3

というわけで、1日空けて続きです。
いよいよ靖国問題が大きくなるあたりです。
こういった経緯で靖国にA級戦犯がまつられました。
そして、その後日本は靖国神社を
公共的な存在と位置づけてしまったのです。
そう、ここで矛盾が生じるのです。
公共的な存在である限り、政府関係者が
訪れても、日本の常識では問題がないのです。
しかし、そうなると他国は怒ります。
特に日本から侵略を受けた韓国をはじめとする
アジアの地域の人々は怒ります。
そりゃそうです。
戦後、日本が混沌としていたとは言え
侵略を受けた国々の人々からみれば
そんな事は関係ないのです。
というわけで靖国へ政府関係者が訪れるのは
問題となるわけだったのです。

ホントにそれだけでしょうか?
それなら参拝しなければすむ話だったり
A級戦犯を他へ移せば良い話です。
それは次回に。
posted by MIZU at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

靖国問題その2

昨日の続きです。
靖国問題、なぜ公共的な存在の
靖国神社に政府関係者が参拝して問題になるのか。
それはご存じの通り、A級戦犯がまつられているから。
普通はそんな事しません。
なぜ公共的な存在の靖国神社に
後々問題となるA級戦犯がまつられているのか。
それは戦争に問題があるのです。
いまさら?
そりゃ戦争に問題があって当然。
戦争がある。
だからA級戦犯が生まれてが問題になるんでしょ?
それはそうなのですが、ポイントはそこではないのです。
戦時中、多くの人が戦い、戦死しました。
その当時、日本では靖国神社というのは
公共的でも宗教的でもなく
そういった立場という概念はなかったのです。
そして日本の中で、靖国神社の存在は大きく
戦死し、靖国にまつられる事は
栄誉だと考える風潮があったのです。
そして終戦時、混沌とした日本では
様々な戦後処理の中、A級戦犯が
靖国にまつられてしまったのです。
このあたりから靖国問題が大きくなっていきます。
posted by MIZU at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

靖国問題その1

まずは靖国問題を取り上げてみましょう。
これはあまりちまたに情報がしっかりと
流れていないので、気になるところなのです。
問題になるのは、靖国神社の立場なのです。
???
と思いますか?
靖国神社に参拝する事が問題なのでは?
そう思う人もいるでしょう。
確かに、最終的にはそこに行き着きます。
ただ、その前に踏まえていなければならない
ポイントがあるのです。
靖国神社が宗教的な存在なのか
それとも公共的な存在なのか。
ここがポイントのようですね。
結果から言うと、靖国神社は公共的なものです。
それはそう日本が決めたから。
暗黙の了解としては、公共的なところに
政府関係の人間が出向いても問題ありません。
ではなぜここに来て問題になるのでしょう?
posted by MIZU at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

始めてみました。

ついに始めてしまいました。
多分自分の考えとか入って
偏ってしまうと思います。
でも個人的な立場でしっかりと
考えて書いていくつもりです。
暖かい目で見守ってください。
なお、ブログ炎上はしたくないので
コメント、トラックバックは受け付けない予定です。
自分の考えを1つの意見として
皆さんに受け止めて欲しいからです。
他の人々の意見は他のサイトで
自分の目で見て、理解していくつもりです。
宜しくお願い致します。
posted by MIZU at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。