2006年10月02日

英語必修化その1

次期学習指導要領の小学校5年生以上の
英語必修化に関して伊吹文明文部科学相が
キレイな日本語が読み書き出来ないのに
英語を必修化する必要は無いとコメント。

どうでしょうか。

私としては別問題だと思うのです。
キレイな日本語が読み書きできないという
日本の若い世代の現状は理解できます。
しかし、それは英語必修化に問題があるのではなく
国語への力の入れように問題があると思います。
入試などでも国語はあまり重視されておらず
文学部などの一部の学部などだけで
国語、つまり日本語に対しての試験がないのが問題。
例えば、国語の授業でディベート、つまり討論の
授業を大きく取り上げたりしたら
説明能力がつき、日本語力がつくでしょう。
その他にも、読むだけでなく正しい文章を
多く自分で作らせて書かせる事で
日本語の正しい読み書きが可能になると思うのです。
posted by MIZU at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。