2006年10月25日

取り締まりは本当にそれで良いの?

今年のボージョレ・ヌーボーの解禁に先立ち
調査を行ったところ、昨年よりも売り上げが
減少傾向だとの予想がでた。

これは飲酒運転の取り締まりなどが原因で
解禁日の試飲を遠慮する傾向があるからとの事。

ワイン業界には申し訳ないが、それは仕方がない。

しかし、ここで1つ問題提起したい。
現在の交通の取り締まりは本当にあれで良いのか?

私も警察の内情までしっかりと把握はしていないが
春や秋の交通安全運動などは、各取り締まり警官に
ノルマが課せられており、それを達成する為に
警官は取り締まりを行うという話がある。

その話が真実にせよ、虚偽にせよ
最近の取り締まりはおかしい。

私の家の近くに左折禁止の表示が
非常に見え辛く出ている場所があり
地元の人間でないと気がつかない場所がある。
そこで警官が時折左折禁止の場所から
見えないところでスタンバイして
左折した車を取り締まっている。

これは絶対におかしい。

なぜなら、警察というのは犯罪を未然に防ぐ事が
第1の目標なのである。
この取り締まりは、わざわざ違反してしまう車が
いるとわかっているのに、対策も打たずに
そこで取り締まりをしているのである。

どちらにせよ、そこに警察力を使うのならば
左折禁止の曲がり角に警官を一人立たせて
左折しようとする車を注意すれば良い。
そうすれば、少なくとも間違えて曲がろうとした
人々はそこではじめて気がつくだろう。

そうすればそこに警察官が立っている事があると言う
認識と共に、わざわざ悪意のない人々が
違反を犯す事もないのである。

取り締まりは基本的に2人1組で行うが
この方法なら警察官が1人立っていれば良いので
その警察力を別の事にも回せるだろう。

他にも、その標識をもっと分かり易いものに
変更するなど、努力の仕方はいくらでもある。

努力の余地があるのに、そこで努力をせずに
汚い取り締まりを行うのは、本来の警察の
あるべき姿である「違反を未然に防ぐ」という
ポリシーに大いに反するのではないだろうか。

もちろん、飲酒やスピード違反の取り締まりは
大いに結構、大々的にやってもらいたいが
ああ言った小さな点数稼ぎの様な取り締まりは
全く持って納得が行かない。

幸い私はまだこのような取り締まりに引っかかった事は
ないのだが、このブログを読まれている方の中には
そういった方も多いかもしれない。

このブログで警察が方針を変えるかと言ったら
厳しいかもしれないが、私たち一人一人が
そういった意識を持って、警察に接すれば
もしかしたら近い将来、日本人にとっても
住みよい日本に変化していくのかもしれない。

取り締まりに関して、皆さんも一度考えてみませんか?
posted by MIZU at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。