2006年11月09日

少子化を考える。

少子化と言いますが、何か問題でも?
詳細を知らなければそう思うでしょう。

私もそうでした。

これだけ人間がひしめき合う日本は
既に人口が多すぎるのではないかと。
少し人口が減った方が人間が密集して暮らす必要もなく
もっと楽に暮らせるのではないかと。

また、もし少子化の問題を知っていても
少子化の問題ですぐに出てくるのは年金問題。
今のいわゆる団塊世代がもうすぐ定年。
そうなると年金を受け取る側と払う側のバランスが
少子化によって崩れてくると。
ただ、これは少子化だけの問題でしょうか?
そうでなくても既に年金というシステム自体破綻寸前であり
多くの人がNHKの受信料の様に疑問を持ち
年金を払っていないのが現状です。

おそらくこの当たりが一般的に一番出てきやすい事でしょう。
知らないか知っていても年金問題くらいしか知識がない。
私もこのくらいなら全く問題にしていません。

ただ、これだけではないのです。

まずは既存の問題から。
既に日本は人口が多すぎるという下りですが
これはそうでもありません。
と言うのも、人口が多すぎるのではなく
今の日本は人口が首都圏に集中しすぎているのです。
人口過多ではなく、人口の密集度合いに問題があるのですね。

そして年金問題。
これは破綻寸前ですが、少子化に全く問題がないわけではないのです。
確かに国のずさんな経営が大きな原因で破綻寸前ですが
団塊世代と少子化、この両極にある両者が向き合えば
年金問題は大小に関わらず出てくるでしょう。

心ない人や知識のない方の中には、団塊世代の存在を
切って捨てる発言をしてしまう人も居ます。
ただ、戦後という大変な時代を支えたのは
他ならぬ団塊世代なのです。
確かに、現在の時代の中心になっている世代の人々は
直接団塊世代の人々からの有り難みを感じる機会を
持っている人は少ないでしょう。
しかしながら戦後の時代がどこまで苦しい時代だったかは
ある程度理解出来るはずなのです。
もしそれが少しでも理解できたなら
団塊世代の苦労がわかるはずなのです。
ここまで苦労した人たちを切り捨てるというのは
戦争と同じくらい悲しいことなのかも知れません。

そしてここまでは一般的な問題。
その他にも少子化による問題があるのです。
お隣の韓国は日本よりも少子化が深刻な国。
韓国は日本よりも少子化を深刻に捉え
メディアもその問題点を多く挙げています。

少子化による問題点の起点は縮小社会。
この縮小社会が様々な問題点を生むのです。
まず現在の少子化で今後日本の人口がどう影響するかです。
このまま行くと日本の出生可能な15歳から64歳の人口が
毎年73万人減っていきます。
これは日本の島根県と同じ人口。
私もこれを知った時は驚きました。
これが続くと潜在成長率が落ちてゆき
20年後には潜在成長率が0になるのです。
たった20年で潜在成長率が0。
今の日本は十分に深刻な少子化に悩まされている様です。

日本のメディアでは、少子化問題というと
年金問題や男性の育児不参加問題、女性の高学歴化
住宅環境の劣悪問題などの比較的軽い原因しか
取り沙汰されないのが現状です。
しかし、少子化の本当の問題はもっと別のところにあったようです。
これを読んで少子化を考える人も、全く気にしない人もいるでしょう。
ただ、この現状を知っておく事が
まずは大事なのではないでしょうか。
posted by MIZU at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。